外食ドットビズ

最前線取材 株式会社M・R・S レストランワンダーランドグループ 大判プリンター活用で店頭集客を実践中! 「手づくり店頭POPのすすめ」
第3回は、大型POPの内製化がM・R・Sおよびグループ全体に与えた影響と、相乗効果によって導き出された集客と販促の成果をリポートし、内製化が秘めているこれからの可能性を示したいと思う。
第1回 第2回 第3回
POP内製化で集客力も企業力もアップ
POPがトリガとなった、店舗スタッフの意識の変化
トライ&エラーは“刺さるPOP”を産み出す原資
内製化によってすべての販促策が包括的に促進
POP内製化で集客力も企業力もアップ

POPがトリガとなった、店舗スタッフの意識の変化

 

M・R・Sは、レストランワンダーランドグループとして、「 シンガポール・シーフード・リパブリック 」、「 バビーズ横浜 」、「 マンゴツリーカフェ 」 等多業態を展開しているが、店頭での販促はブレのない一貫した手法で行われている。同社が運営する 「 バビーズ横浜 」 でも、ランチ、ティー、ディナータイムでおすすめメニューが大きく異なるが、その都度差し込みメニューを変更するだけでなく、店頭POPも替えて提供メニューが変わったことを訴求している。 レストランワンダーランドグループ


時間帯によって替わる「バビーズ横浜」の店頭POP近年の飲食企業は、大量出店して客単価を下げるか、個性を重視して価格競争を回避するという2つの方向で進んでいるが、レストランワンダーランドグループの場合は明らかに後者。大判プリンターの導入に伴い、大型POPの使用機会が増えた後、店舗スタッフの間にも 「 店頭POPひとつで、店の印象を大きく変えられる 」 といった認識が育ちはじめた。自店の情報を積極的に把握して、顧客の質問に答えるのはもちろん、自主的に声をかけて勧めるスタッフも出てきているそうだ。「 ポスターなどを目にする機会が増え、スタッフの間に、自店の色や個性を大事にする意識が確実に広まっている 」(広報担当マネージャー神事まゆみ氏)というように、店頭・店内でのPOPが、スタッフの自主性や発信能力を高め、より良いスパイラルが実現されているのである。




トライ&エラーは“刺さるPOP”を産み出す原資

 

内製後は、大型POPの効果を容易に比較検証できるようになった。メニュー全般をアピールしようと、全ての写真を同じサイズで載せたところ、注文数も伸び悩んでしまったことがある。試行錯誤を繰り返す中で 「 あえて大きく掲載するメニューを決め、他の写真は小さく掲載した方が良い結果が出る 」 と判明、ノウハウとして蓄積されている。「 内製化したことにより加速度的にノウハウも蓄積し、効果が出ないPOPは徐々に減っていくはずです 」(神事氏)

 

この流れは、デザイン側だけでなく、店舗の姿勢をも変えた。レストランワンダーランドグループでは、店舗側からデザイン室に 「 制作発注書 」 が送られてスタートする仕組みになっている。内製以降、店舗からの指示が具体化し 「 何を伝えたいか 」 という意図を容易に汲めるものが増えてきた。単なるPOPの失敗作を減らすだけでなく、この意識改革の功績は大きい。

タイ料理「マンゴツリーカフェ」の店頭にあるメニューPOP。店舗の売りとなるメニューは大きく、残りは小さくというグループのフォーマットに沿ったレイアウト

 


内製化によってすべての販促策が包括的に促進

 

レストランワンダーランドグループの集客方針は、店頭販促を含めて複数手法を同時多発的に展開するというものだ。POP内製化によるコスト削減は、各店舗が集客策に充てる予算のバランスに変化をもたらした。若い世代が多い店舗では、圧縮できたコストでWEB集客を強化。顧客の年齢層が高い店舗では、チラシやDM、紙媒体を強化するという差異が現れた。「 ターゲットに響く集客策を実施するためには、店舗特性に即してコストを割り振るのも重要です。これまで諦めていた施策を打てるようになったことも内製化がもたらしてくれた大きなメリットだと思います 」 (神事氏)

 

内製化は、販促物制作の予算を抑えるに留まらず、その次に打つべき集客策を活かすことにもつながっているのだ。単なる効率化ではなく、集客策を包括的に促進する役目も担っている要の存在と言えよう。まず1枚、手づくりPOPを貼り出すところから始めてみてはいかがだろう。

飲食業のメディア別集客・販促施策

ページトップへ



「うまそう!!」と思わせる店頭づくり講座  次の日も記憶に残る店頭をつくる①



 
 

レストランワンダーランドグループ


取材協力:広報担当マネージャー 神事まゆみ(じんじ・まゆみ)氏 飲食企業数社で広報やマーケティング業務に携わり、POPなど販促物制作にも造詣が深い。

株式会社M・R・S (レストランワンダーランドグループ)
http://www.restaurant-mrs.com/

【代表取締役社長】中部 由郎氏
【本社】 東京都新宿区市谷台町6-3 市谷大東ビル4F
【レストランワンダーランドグループ店舗ブランド】
■M・R・S
シンガポール・シーフード・リパブリック(シンガポール料理)
由丸(博多らーめん)
ピッツェリアマレンマ(イタリア料理)
インペリアル・トレジャー・ヌードルズ(中華料理ファーストフード)
TVコネクションカフェ(コンセプトカフェ&レストラン)
オレゴンバー&グリル(アメリカングリル)
ニルヴァーナ(インド料理)
バビーズ横浜(アメリカンカフェ&レストラン)
■コカレストランジャパン
コカレストラン(タイスキ・タイ料理)
マンゴツリー(タイ料理)
フードサーカス(フードコート)

 
 
  • 店頭集客で繁盛 トップへ
  • 「うまそう!!」と思わせる店頭づくり講座
  • 販促の30%は店頭が握っている!①
  • 販促の30%は店頭が握っている!②
  • 即実践!店頭POPの賞味期限チェック①
  • 即実践!店頭POPの賞味期限チェック②
  • 次の日も記憶に残る店頭をつくる①
  • 次の日も記憶に残る店頭をつくる②
  • 「うまそう!!」と思わせる店頭づくり講座 販促の30%は店頭が握っている!
  • 【最前線取材】手づくり店頭POPのすすめ
  • 第1回 味わいへの興味、価格の安心感を店頭で伝える
  • 第2回 現場が語るPOP内製化で“攻め”の集客
  • 第3回 POP内製化で集客力も企業力もアップ
  • 「うまそう!!」と思わせる店頭づくり講座 販促の30%は店頭が握っている!

  • 今日からあなたもポスター名人|ポスターつくろう!
  • 用途に合わせたプリンターのご紹介
  • CANONカタログ請求
  • ショールーム|imagePROGRAFを全国でお試しいただけます
ページのトップへ戻る