HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

KFC、2017年のクリスマス3日間の売上は60億円で過去最高に
バラエティー豊かな商品ラインナップに加え、ネット予約、TVCMなどで予約促進

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは、「ケンタッキーフライドチキン」店舗における2017年のクリスマス3日間(12月23日~25日)の売上速報値が合計60億円と、過去最高売上を達成したと発表した。
 KFCでは、「パーティバーレル」3種や「クリスマスパック」5種、「五穀味鶏 プレミアムローストチキン」、「五穀味鶏 ローストレッグ」、「五穀味鶏 胸肉ロースト」などのバラエティー豊かなクリスマス限定メニューを販売し、クリスマスも“やっぱり、ケンタッキー”のメッセージのもと、「オリジナルチキン」をはじめとする、“KFCだからこそできる”ラインアップを提供。また、商品の予約受付を11月1日からKFC店舗とKFCネットオーダーサイトで実施するとともに、11月22日からは“ケンタッキークリスマス”のTVCMをオンエアするなど予約促進を図った。
 同社では、これらの結果、2017年のクリスマス3日間で、60億円(前年比101.4%)の過去最高売上を達成することができたとしている。

(外食.Biz)
2018年01月13日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ