HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

リクルート、支付宝が使える「モバイル決済 for Airレジ」を「和民」に導入
訪日外国人を呼び込む決済サービスをワタミが運営する「和民」など4業態216店舗に

 リクルートライフスタイルは、訪日外国人を呼び込む決済サービス「モバイル決済 for Airレジ」が、ワタミが運営する「和民」など4業態216店舗に、1月15日以降順次導入されると発表した。これにより導入店舗は、中国最大手のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」の利用が可能となる。
 ワタミは、中国の春節を見据え、訪日中国人を中心とする来店客の決済における利便性を向上させるため、一部店舗を除く全国の「和民」「坐・和民」「ミライザカ」「TEXMEX FACTORY」の216店舗に「モバイル決済 for Airレジ」の導入を決定し、「支付宝(アリペイ)」決済に対応する。
 訪日中国人は、中国本土と同様「支付宝(アリペイ)」で決済できることで、飲食店をより利用しやすくなる。店舗は、「モバイル決済 for Airレジ」のアプリをダウンロードしたiOS端末とインターネット環境を用意するだけで、初期費用をかけることなく「支付宝(アリペイ)」などの決済サービスを導入することができる。
 同社では、これまで「モバイル決済 for Airレジ」を、小売店舗を中心に導入してきたが、今後は飲食業界など様々な領域への導入も推進し、日本人・訪日外国人に対する決済サービスの向上に寄与していく。

(外食.Biz)
2018年01月12日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ