HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

サッポロビール、「サッポロ生ビール黒ラベル」3年連続売上アップを達成
ビールの総需要が減少するなか、発売から40周年を迎える商品のさらなる成長を目指す

 サッポロビールは、同社の基軸商品である「サッポロ生ビール黒ラベル」の販売数量が、昨年12月29日の出荷をもって、2017年の年間販売数量が、2016年の年間販売数量1,663万ケース(大びん633ml×20本換算)を超え、3年連続で売上アップを達成したと発表した。
 ビールの総需要が減少するなか、「サッポロ生ビール黒ラベル」は、ビールの風味を劣化させる成分を持たない大麦から生まれた麦芽「旨さ長持ち麦芽」を一部使用して、“麦のうまみと爽やかな後味のベストバランス”を追求することに加え、「大人の☆生」の世界観を浸透させて若年層や女性からの支持を拡大した。
 同社では、今年も、「サッポロ生ビール黒ラベル」は「何杯飲んでも飲み飽きないうまさ」を実感してもらえる品質を提供し続けたいとしている。

(外食.Biz)
2018年01月05日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ