HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

11月の東名阪の外食市場規模、+283億円の3,350億円と6ヶ月連続増
調査開始以来初の全エリア全指標で前年超え、市場規模増加額も2015年7月以来の大幅増

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪三圏域(首都圏・関西圏・東海圏)の男女約10,000人を対象とする2017年11月度の「外食市場調査」の調査結果を公表した。
 11月の外食市場規模は、3圏域合計で3,350億円、前年同月比+283億円と6ヶ月連続して前年を上回った。前年比増加幅+283億円は、2015年7月(前年比+322億円)以来の大幅増加。3圏域合計の外食実施率・頻度・単価が2カ月ぶりに揃って前年を上回り、3圏域別にもこれらの指標がすべて前年を上回った。全圏域・全指標が前年を上回ったのは、前年比の算出がある2013年10月度以降では史上初めてのこと。圏域別では、関西圏の外食頻度・単価の前年比の伸びが目立った。
 業態別では、主要16業態中、12業態が前年比プラスで、うち8業態では延べ外食回数・単価の両方が前年比プラスであった。特に「居酒屋」(前年比+45億円)、「フレンチ・イタリアン料理店」(同+31億円)、「和食料理店」(同+30億円)などで市場規模が増加した。「居酒屋」(延べ回数+112万回、単価+30円)、「フレンチ・イタリアン料理店」(延べ回数+58万回、単価+131円)は延べ回数・単価ともに増加し、「和食料理店」は延べ回数の増加(+83万回)による影響が大きかった。

【3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)】
①外食実施率:77.1%(前年比+1.4pt) ②外食頻度:4.15回/月(同+0.17回) ③外食単価:2,531円(同+69円) ④外食市場規模3,350億円(同+283億円)
【圏域別】
①外食実施率…首都圏:77.0%(前年比+1.8pt)、関西圏:77.3%(同+1.3pt)、東海圏:77.2%(同+0.6pt)
②外食頻度…首都圏:4.37回/月(同+0.13回)、関西圏:4.04回/月(同+0.33回)、東海圏:3.56回/月(同+0.08回)
③外食単価…首都圏:2,557円(同+36円)、関西圏:2,623円(同+133円)、東海圏:2,225円(同+76円)
④外食市場規模…首都圏:2,024億円(同+131億円)、関西圏:939億円(同+128億円)、東海圏:387億円(同+24億円)
※1 外食:夕方以降、店で食事した場合を対象。各圏域の居住者が各圏域の対象都府県内での外食を対象としており、圏域外で行った外食は含んでいない。また、夕方以降、1日2回までの外食を含む。
※2 外食頻度:外食実施者の1ヶ月あたりの平均外食回数。
※3 外食市場規模:各圏域の当該年齢人口×外食実施率×外食頻度×外食単価で算出

(外食.Biz)
2017年12月28日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ