HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

どさん子プロデュース「札幌味噌膳 成都店」を中国四川省にオープン
中国ラーメン市場に進出するためのプレマーケティング案件と位置づける

 アスラポート・ダイニンググループのアスラポートは、「みそ膳」らーめんブランドの店舗「札幌味噌膳 成都店」を12月25日に中華人民共和国四川省成都市の「?麺競技館(ラーメンアリーナ)」内にオープンした。
 「みそ膳」ブランドは、日本のラーメンチェーンの草分けともいえる「どさん子」が、全国から特徴的な味噌を集めて様々なスープを開発して立ち上げたブランドであり、現在国内で35店を展開している。今回の「成都店」は、約半年間の期間限定企画で、今後中国ラーメン市場に進出するためのプレマーケティング案件と位置づけている。
 今回の出店は、日本の企業の海外進出をサポートし、日本食を始めとする“日本文化”を全世界への輸出を支援する、KLab Food&Culture㈱の協力を得て実現。「成都店」の出店場所となる「成都ラーメンアリーナ」は、上海に続く中国2号店であり、ラーメン7店舗、甘味・ドリンク・食糧品物販等の軽飲食7店舗ならびに物販1店舗の構成となっている。
 成都市は痺れる辛さで知られる四川料理の本場。そのため今回は、定番メニューの他、現地の嗜好を考慮し、唐辛子や花椒を赤味噌に加えた「札幌辛味噌ラーメン」、また、地元で親しまれる漬物である酸菜(サンサイ)を使った「酸菜味噌ラーメン」を用意した。

【札幌味噌膳 成都店】
所在地:中国四川省成都市紅星路大科甲巷8号 伊藤洋華堂(イトーヨーカドー)春熙店5F ?麺競技館
営業時間:日~木・祝日10:00~22:00、金・土・祝前日10:00~22:30
定休日:なし

(外食.Biz)
2017年12月26日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ