HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

11月のコンビニ売上高、既存店ベースでは0.3%減と6ヶ月連続のマイナス
来店客数は21ヶ月連続マイナスも、平均客単価は32ヶ月連続プラスに

 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)は、JFA正会員コンビニエンスストア本部8社を対象にした2017年11月度のコンビニエンスストア統計調査月報を公表。11月は、店内調理品等のカウンター商材や中食等が引き続き好調に推移しており、特に、寒気等の影響を受け平均気温が低かったため、麺類、中華まん等の温かい商品の売れ行きが好調だったこと等から、全店・既存店ともに客単価は前年を上回る結果となった。一方、客数減少の影響等を受け、既存店売上高は前年を下回る結果となった。
 既存店ベースでは、売上高7569億7900万円(前年同月比0.3%減)が6ヶ月連続のマイナス、来店客数12億5208万人(同1.1%減)が21ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価605円(同0.9%増)は32ヶ月連続のプラスとなった。
 また、全店ベースでは、売上高8599億300万円(同1.9%増)が57ヶ月連続のプラス、店舗数は55,374店舗(同3.3%増)、来店客数14億2015万人(同1.3%増)が2ヶ月ぶりのプラス、平均客単価606円(同0.6%増)が5ヶ月連続のプラスであった。
 なお、既存店ベースでの商品構成比及び売上高前年同月比は、米飯類などの日配食品36.8%(売上高前年同月比0.1%減)、アルコール飲料など加工食品27.5%(同0.1%増)、雑誌・新聞など非食品30.7%(同0.03%増)、コピー・宅配便などサービス5.0%(同4.1%減)であった。

(外食.Biz)
2017年12月21日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ