HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

「82」と「HUBエールハウス」で「スワンレイク&82 オリジナルセッションIPA」販売
ハブと瓢湖屋敷の杜ブルワリーが共同開発したオリジナルビールを数量限定で

 ハブは、瓢湖屋敷の杜(ひょうこやしきのもり)ブルワリーと共同開発したオリジナルビール「スワンレイク&82 オリジナルセッションIPA」を英国風PUB「82」と「HUBエールハウス」にてゲストビールとして12月から販売開始した。
 同社では、同社店舗でしか飲めないビール、しかも英国PUBらしいハウスエールというものが将来的に必要と考え、2005年に「ハブエール」を開発。同年、新規ブランド「82」を立ち上げたタイミングで、82リアルエールを開発。その後、国内クラフトビールブルワリーとの取引が始まり、2010年以降ブルワリーとタイアップのうえオリジナルゲストビールの販売を開始、現在に至っている。
 「スワンレイク&82 オリジナルセッションIPA」は、ほど良い苦み、アメリカンホップのフルーティーで華やかな柑橘香。ライトなアルコール度数で、忘れられないクセになる味わい。

(外食.Biz)
2017年12月06日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ