HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

NECプラットフォームズ、ク中小規模の小売業向けPOSサービスを発売
クラウド活用により導入費用を抑えた「RegiGrow DBサービス」

 NECプラットフォームズは、中小規模の小売業向けPOSシステム「RegiGrow(レジグロー)」のクラウドサービスモデル「RegiGrow DBサービス」を発売した。
 「RegiGrow DBサービス」は、使いやすさと導入のしやすさを追求した低価格で多機能な小売業向けPOSシステムのエントリーモデル「RegiGrow」と、クラウドデータベース(DB)サービスをワンパッケージで提供するもの。DBサーバのクラウド化により本部サーバの導入費用や運用管理が不要なため、手軽なシステム導入・活用が可能になる。近年増加しているコンピュータウィルスやサイバー攻撃からシステムを守るため、安定性、利便性、セキュリティに優れたMicrosoft Azureをクラウド基盤として利用し、POSや店舗サーバとの通信はSSL通信により暗号化することにより、安心、安全なシステム運用を低コストで実現する。
 なお、「RegiGrow」は、売上分析・在庫管理、本部による店舗管理など小売業に必要な基本機能を始め、複数税率対応機能により、2019年10月1日施行予定の軽減税率制度への対応も容易に可能。また、様々な業種、運用に応じた機能カスタマイズに、柔軟に対応する事も可能となっている。
 同社は、中小規模の小売業向けPOSサービス「RegiGrow DBサービス」を、今後3年間で1,000セット販売する計画で、小売業向けソリューション事業をさらに強化していきたいとしている。

(外食.Biz)
2017年12月05日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ