HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

10月の東名阪の外食市場規模、47億円増の3,195億円と5ヶ月連続でプラスに
外食単価アップが要因。「和食」「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等専業店」が好調

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪三圏域(首都圏・関西圏・東海圏)の男女約10,000人を対象とする2017年10月度の「外食市場調査」の調査結果を公表した。
 10月の外食市場規模は、3圏域合計で3,195億円、前年同月比+47億円と5ヶ月連続して前年を上回った。3圏域合計の外食実施率は6ヶ月ぶりに前年比マイナス、外食頻度も5ヶ月ぶりに前年比マイナスだったが、外食単価の上昇(前年比+79円)により市場規模は微増した。外食実施率と頻度の前年割れには、前年に比べて土曜日が1日少ないカレンダーや週末の台風が影響している可能性も。圏域別には、首都圏が好調で前年比で市場規模が+67億円。逆に特に雨の多かった関西圏は前年比‐30億円と圏域別に差が出た。
 業態別では、主要16業態中、10業態が前年比プラスで、特に「和食料理店」(同+44億円)、「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」(前年比+27億円)などが前月から続いて市場規模が増加するとともに、延べ回数・単価ともに増加した。食事主体の店では10業態中5業態で延べ外食回数と単価の両方が前年比プラスで、飲酒主体業態や軽食主体業態に比べ好調である。

【3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)】
①外食実施率:75.0%(前年比-0.6pt) ②外食頻度:4.09回/月(同-0.03回) ③外食単価:2,518円(同+79円) ④外食市場規模3,195億円(同+47億円)
【圏域別】
①外食実施率…首都圏:75.5%(前年比+0.1pt)、関西圏:73.8%(同-2.6pt)、東海圏:75.1%(同+0.1pt)
②外食頻度…首都圏:4.27回/月(同-0.06回)、関西圏:3.96回/月(同-0.02回)、東海圏:3.68回/月(同+0.08回)
③外食単価…首都圏:2,570円(同+121円)、関西圏:2,567円(同+30円)、東海圏:2,201円(同+11円)
④外食市場規模…首都圏:1,950億円(同+67億円)、関西圏:860億円(同-30億円)、東海圏:385億円(同+10億円)
※1 外食:夕方以降、店で食事した場合を対象。各圏域の居住者が各圏域の対象都府県内での外食を対象としており、圏域外で行った外食は含んでいない。また、訪日外国人や旅行者なども含まれていない。
※2 外食頻度:外食実施者の1ヶ月あたりの平均外食回数。
※3 各圏域の当該年齢人口×外食実施率×外食頻度×外食単価で算出

(外食.Biz)
2017年12月01日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ