HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

串カツ田中、アジア展開第1号店をシンガポールにて12月13日オープン
串カツを日本を代表する食文化として世界に広める第一歩として

 串カツ田中は、12月13日、シンガポールにアジア展開第1号店となる「串カツ田中 Clarke Quay(クラーク キー)店」をオープンする。
 同社は、アジアでの新たな事業展開を模索していたSFBIグループと10月1日にフランチャイズ契約を締結。「串カツ田中Clarke Quay店」は、SFBI(Asia-Pacific) Pte. Ltdが店舗運営を行う。
 Clarke Quayのローカル・観光客が集まる盛り場に出店し、ローカルの20歳~35歳の働く若者と一部在住日本人をターゲットとする。日本同様のフォーマットでお酒と食事をリーズナブルに楽しめるという新しいイメージを作り上げ、串カツとハイボールの文化をアジアに発信して行く。
 また、料理も基本的に日本のメニューを踏襲するが、一部その他の日本食も展開。ランチメニューも予定している。例えば、「串カツ」(各種$1.0~$2.5)は、日本と同様に肉、野菜、魚介などの串カツ約30種類を用意。その他、大阪の文化を体験してもらえる「手作りたこ焼き(9個)」($10)、大盛り野菜とぷりっぷりのホルモンと牛が入った大阪発祥の鍋料理「大阪ちりとり鍋(牛)」(2人前$18.0)、串カツ田中の名物ドリンク「ジムビーム チンチロリンハイボール」なども用意する。

【串カツ田中 Clarke Quay店】
オープン日:12月13日
所在地:3A River Valley Road Merchants’ Court Clarke Quay Block A #01-01B Singapore 179020
電話:6258 3789
売上計画:月間$100,000-120,000(約800~1000万円)
営業時間:12:00~14:30、17:00~0:00、金12:00~14:30、17:00~2:00、土12:00~2:00、日12:00~0:00
定休日:無休
店舗規模:154㎡(46.5坪)、80席
想定客単価:$35~40

(外食.Biz)
2017年11月30日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ