HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

イートアンド、餃子製造工場で初の外国人技能実習生を受入れ
関東工場にベトナム国技能実習生14名が11月13日に着任

 イートアンドは、餃子専門店「大阪王将」の餃子の皮・具や「大阪王将羽根つき餃子」など、冷凍食品の製造工場であるイートアンド関東工場(群馬県邑楽郡)にて、初の外国人技能実習生の受入れを実施すると発表した。
 今回受入れをするのはベトナム社会主義共和国からの外国人技能実習生14名。なお、外国人技能実習生の受入れを実施するのは今回が初となり、11月13日付で直接雇用として配属する。
 昨今の人手不足は依然として深刻な問題であり、アベノミクスによる景気の回復、少子高齢化による現役世代人口の減少など、国内の労働力だけでは到底賄えない大きな問題に直面している。同社では、生産事業の拡大に伴い、労働力の確保が急務となっており、優秀かつ勤勉である外国人技能実習生の受入れを行うことで労働力を確保し、製造部門の強化を図ることで、より良い商品を提供していきたいとしている。

(外食.Biz)
2017年11月14日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ