HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

ロイヤルHD、次世代の店舗運営に向けた新たな取り組み
東京・馬喰町にR&D店舗「GATHERING TABLE PANTRY」オープン

 ロイヤルホールディングスは、同社グループの生産性向上と働き方改革を目指し、次世代の店舗運営を研究開発していく「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」を11月6日にオープン。少子高齢化による生産労働人口の減少や市場変化などサービス産業を取りまく環境が厳しくなる中、同店を足がかりにグループ全体の課題解決および次世代のビジネスモデル確立に向けた取り組みを強化していく。まず、「IT活用による店長業務の効率化」「キッチンオペレーション改革による調理工程短縮と料理の質の両立」「設備のコンパクト化による小規模・低投資型店舗の展開」に取り組む。
 「IT活用による店長業務の効率化」に関しては、既存店の「店長業務の負担が大きく人材育成の時間が取れない」など、飲食店固有の課題に対応するため、完全キャッシュレス、セルフオーダーのオペレーションを導入。現金管理を無くすことで、売上管理業務の作業数が軽減し、報告業務など店舗業務の効率化に繋がる。また、スタッフのトレーニングツール、マニュアルを簡単に作成可能なツールの導入によって、トレーニングも短時間で行える環境をつくる。
 「キッチンオペレーション改革による調理工程短縮と料理の質の両立」に関しては、自社のセントラルキッチン、長年蓄積したコックの知識・ノウハウを最大限に活用し、最新の調理機器を導入してコックが調理したときと同じ火の入り方になるよう緻密な調整を行うことで、完成度の高いメニューを提供する。調理の仕込み時間の短縮を実現しながら、質の高い料理を提供する。
 「設備のコンパクト化による小規模・低投資型店舗の展開」に関しては、調理機器が最小限になることで厨房スペースをコンパクト化し、狭小立地でも客席スペースを確保。また、油や火を使わず、生ゴミが少ないクリーンキッチンであることでレストラン用の物件以外へも店舗物件の候補対象が広がり、小規模・低投資型店舗の展開が可能となる。
 「GATHERING TABLE PANTRY」では、デジタル・テクノロジーを活用して業務を削減するだけでなく、働く全ての人が楽しく働ける店舗をR&Dとして検証し、真の働き方改革、生産性向上を目指す。一方、来店客に対しては、ライフスタイルと目的にあわせて、友人同士や家族など様々なシーンで利用できる空間を目指す。シーンや時間帯によって照度を調節する店内照明、音質にこだわったJBLのスピーカーを設置。テーブルの高さやイスの座り心地にもこだわり、居心地のよい空間づくりを目指した。メニュー構成は、アルコールとも楽しめるアペタイザー、サラダ、洋食料理、デザート、ソフトドリンクを取り揃え、都内でほとんど取り扱いの無い食材を使った料理など同店ならではのメニューも用意した。

【GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店】
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町1-5-4 中庄ビル1階
電話:03-3527-3503
営業時間:平日15:00~22:30、土日祭日13:00~21:30
店舗面積:35坪

(外食.Biz)
2017年11月09日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ