HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

丸の内タニタ食堂、リニューアルに伴い「タニタの洋食ごはん」の提供を開始
オフィスへのケータリング弁当の配達など法人向け健康支援サービスも計画

 タニタが運営するレストラン「丸の内タニタ食堂」は、11月下旬にリニューアルオープンし、新メニュー「タニタの洋食ごはん」の提供とディナータイムの営業開始ならびに法人向けのサービスを強化する。
 「丸の内タニタ食堂」は、タニタの社員食堂のコンセプトを忠実に再現した一般向けのレストランとして、2012年にオープン。カロリーを500kcal前後、塩分を3g以下に抑えながら、おいしく食べ応えのある定食メニューを提供し、多くの利用者に支持されている。一方で、「食事は楽しみの一つ」という観点から、より多くの人にタニタ食堂を利用してもらうためには、「おいしさ」や「楽しさ」をより重視したアプローチも必要と考え、今回の店舗リニューアルに合わせて、人気の洋食メニューを健康的に楽しむことができる新メニュー「タニタの洋食ごはん」を開発した。提供メニューは、ハンバーグやカツレツ、グラタン、エビフライなど10種類のラインアップを用意し、ランチタイムはその中から3種類を、ディナータイムは全種類を提供する予定。いずれも、メーンディッシュ、サイドディッシュ、スープ、ごはんのセットで、150g以上の野菜を使用。また、タニタ食堂ならではの工夫により、1食あたりのカロリーを800kcal以下、塩分を4g以下に抑えた。洋食本来のおいしさはそのままに、一般に提供されている代表的な洋食メニューと比べて、カロリー、塩分ともに2~3割のカットを実現する。
 新メニューの投入に加え、新たにディナータイムの営業を開始するとともに、法人向けのサービスを強化する。法人向けのサービス「タニタチャレンジ」は、従業員の健康づくりにおけるハイリスクアプローチとしてタニタ食堂を活用するもので、対象となる従業員に1ヶ月間タニタ食堂を利用してもらい、体重と体脂肪率の適正化を目指す。対象者が多数の場合は、事前にタニタの管理栄養士が健康づくりのノウハウを指導する健康セミナーを実施し、より効果を高めることも可能。また、今後は「丸の内タニタ食堂」への来店が難しい法人を対象に、タニタ食堂メニューをケータリング弁当にして、配達をするサービスも予定している。
 厚生労働省が9月に発表した「平成28年『国民健康・栄養調査』の結果」によると、日本人の糖尿病有病者数は約1000万人。予備群と合わせると国民の約6人に1人が糖尿病のリスクをはらんでいる。糖尿病をはじめとする生活習慣病の要因となる大きな要素の一つが食習慣。同社では、「丸の内タニタ食堂」のリニューアルオープンにより、さまざまな層の人が実践しやすい多様な「健康的な食習慣」を提案し、国が掲げる「健康寿命の延伸」に寄与していきたいとしている。

(外食.Biz)
2017年10月12日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ