HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

ドトールコーヒー、Welcome to the Farm!新業態「ドトール珈琲農園」誕生
コーヒー農園主の邸宅をイメージした店内で極上のコーヒーを味わう

 ドトールコーヒーは、コーヒー農園主の邸宅をイメージした店内で極上のコーヒーを味わう新業態「ドトール珈琲農園」を開発し、10月11日、東京都世田谷区の多摩堤通りのロードサイドに出店する。
 「ドトール珈琲農園」のコンセプトは、“Welcome to the Farm!”。コーヒー農園主の邸宅をイメージした店内は、テーマに合わせて4つのエリアにゾーニング。邸宅におけるエントランス「テラスエリア」は、開放的な空間。「ファームエリア」は、珈琲農園の中のダイニングルームをイメージ。「ゴージャスエリア」は、邸宅内の居間をイメージし、暖炉や豪華なインテリアを配置。そして、子どもやペット連れの人が楽しめる公園をイメージした「パークエリア」は、ドリンクやサンドイッチなどテイクアウト商品のみの飲食スペース。
 提供する珈琲は、すべてスペシャルティコーヒー豆を使用し、同社が誇る技術を結集したブレンド珈琲。コーヒー豆本来の個性や味わいを最大限に引き出すため、焙煎度合いやブレンディング技術を駆使した4種のブレンドを用意。注文を受けてから一杯ずつ丁寧にサイフォン抽出し、“最高の一杯”を提供する。ブラジル特有の甘みをともなったローストナッツのような香りと、軽やかな味わいが特徴の「ザ・ドトールブレンド」(500円)は、ドトールのDNAを引き継いだ至極の逸品。ダークチョコレートのように複雑で密度のある風味と、奥行きのある甘みが特徴の「ザ・クラシックブレンド」(500円)は、飲む度に芳醇な香りと重厚感のある甘みが口に広がる。エチオピア特有のフローラルな香りと、マスカットのようなフルーティで爽やかな酸味が特徴の「ザ・モダンブレンド」(500円)は、ミルクチョコレートを思わせるまろやかな甘みが余韻で残る。そして、酸味を誇張的に表現することで、銘柄がもつ特徴的な風味を強力に体感できるようにした「ザ・サードウェーブブレンド」(600円)は、ケニアのアプリコットのように甘酸っぱく、スモモをかじったときのような瑞々しい風味が堪能できる。
 その他、エスプレッソでコクをプラスした「農園のビーフカレー」(950円)や、コーヒーとベストマッチな「農園のシーフードパエリア」(1,000円)などフードメニューも充実している。
※金額は、「税抜き」価格

【ドトール珈琲農園】
所在地:東京都世田谷区鎌田4-17-18
店舗規模:90.7坪、全112席(うち喫煙20席)
営業時間:7:30~22:00
ブランドサイト:https://www.doutor.co.jp/thefarm/

(外食.Biz)
2017年10月11日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ