HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

KFC、世界の食糧支援に!「チャリティーカーネル貯金箱」を発売
1つにつき100円を国連WFP「学校給食プログラム」に寄付

 日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは、飢餓の撲滅を目指す国連WFPの「学校給食プログラム」への支援活動として、9月7日から全国の「ケンタッキーフライドチキン」店舗(一部店舗を除く)にて、「チャリティーカーネル貯金箱」(390円/税込)を販売し、1つにつき100円を国連WFPに寄付する。
 日本KFCホールディングスグループにおける「学校給食プログラム」への支援活動は、2007年からスタートし、今年10周年を迎え、昨年までに累計約550万人分(1億6千7百万円)の学校給食を提供している。これまでに寄付つきメニューの販売や店頭募金のほか、インターネット募金、銀行口座への個人募金を実施。また、本活動に貢献したKFC店舗の店長を国連WFPの支援国に派遣し、その様子を社内外に広く伝える活動も行っており、今年は、支援国の1つであるネパールの視察を行った。

(外食.Biz)
2017年09月07日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ