HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

ミスタードーナツ、タニタと共同開発した「ベジポップ」を期間限定で販売
“カラフルな野菜ドーナツ”を食べる量をコントロールできるサイズで提供

 ダスキンは、全国の「ミスタードーナツ」店舗(一部ショップを除く)にて、タニタと共同開発した期間限定商品「ベジポップ」3種を8月25日に発売した。
 「ミスタードーナツ」は、“健康志向の方に楽しんでいただけるドーナツ”を開発するにあたり、「健康的な食生活」を提唱していること、今回の新商品のメインターゲットとしている20~40代の女性にとっても、健康に対するイメージが非常に強いことなどから、タニタを共同開発先として選定。健康づくりには“からだの健康”と“こころの健康”のバランスが重要であり、「“こころの健康”づくりには適量のおやつも必要」というタニタの考えと、ミスタードーナツで展開をしている、“アレルギーや健康が気になる方も、みんなが一緒にミスタードーナツを楽しんでいただける”ミスタードーナツのカテゴリー「からだに にじゅうまる」の商品開発のコンセプトが一致したことにより実現した。
 「ベジポップ」は、“野菜”をテーマとし、生地は赤・黄・緑それぞれの色にあった“野菜”のパウダーを練りこみ、サンドするクリームは、豆乳ホイップにそれぞれの色に合った“野菜”と“フルーツ”を使用。クリームにフルーツをバランスよく入れることで、野菜を食べやすくした。商品サイズは、「1個食べるには罪悪感があるがドーナツが食べたい」という人のために“食べる量をコントロールする”ことができるよう通常のドーナツに比べ小さい、直径約5cmの大きさを採用した。また、タニタとミスドのおすすめセットとして、「ベジポップ」(3個入り)と、「グリーンスムージー」とのセット「タニタ監修 おやつセット」、「野菜を食べるミネストローネ」又は「小柱と野菜のクリームチャウダー」とのセット「タニタ監修 スープセット」も用意した。

(外食.Biz)
2017年08月26日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ