HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

インフォマート、ICSパートナーズと9月よりAPI連携を開始
両社のユーザーへさらなる業務効率化と利便性を提供

 インフォマートは、同社が提供する「BtoBプラットフォーム」とICSパートナーズが提供する「OPEN21 SIAS」とのAPI連携を9月に開始すると発表した。
 同社が提供する「BtoBプラットフォーム」は、企業間で授受される日々の受発注や請求業務をWeb上で行えるシステムとして、144,839社、442,332事業所(6月末現在)に利用されている。
 「OPEN21 SIAS」は、「ICS会計システムOPEN21」シリーズの機能をさらに強化した会計パッケージ。決算業務を処理する機能に加え、数値情報で構成された会計情報に活動の目的・背景などの関連情報まで紐付けるファイルLINK機能や、大容量データの高速処理を可能にする機能を搭載。経営層はシステム上の財務情報から、社内で展開される経営活動を具体的且つタイムリーに把握する事ができる。
 今回、「BtoBプラットフォーム」と「OPEN21 SIAS」がAPI連携することで、「OPEN21 SIAS」を利用している企業は、自動仕訳された会計データを「BtoBプラットフォーム 請求書」から簡単に取り込むことが可能になる。
 また、同社とICSパートナーズは、企業にとってより便利なソリューションを提供することを目的に、アライアンス契約を締結。今回のAPI連携を活かし、今後も両社でユーザーの利便性向上に一層貢献していきたいとしている。

(外食.Biz)
2017年08月10日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ