HOME > 外食産業ニュース一覧 > ニュース記事

カカクコム、KDDIと飲食店予約台帳アプリ「ヨヤクノート」に関する業務提携を締結
ネット予約の利便性向上とサービス拡充を図ると共に、飲食店に向けた業務支援事業を拡大

 カカクコムは、KDDIと、「食べログ」の提供する飲食店向け予約台帳アプリ「ヨヤクノート」に関する業務提携に基本合意したと発表した。
 同社が運営するグルメサイト「食べログ」において、レストランのネット予約の利用が急拡大しており、飲食店の集客ツールとしてもネット予約の重要性が高まっている。同社では、月間利用者数約1億人の「食べログ」と連携した予約台帳アプリ「ヨヤクノート」による飲食店の業務支援も行い、ネット予約数の拡大を目指している。「ヨヤクノート」では、従来行われてきた紙の予約台帳による煩雑な管理業務を大幅に短縮し、業務オペレーションの効率化を実現する。「食べログ」と公式連携できる唯一の予約台帳で、グルメサイト経由のネット予約や電話予約を、タブレット端末で簡単かつ便利に管理できる。また、予約と同時に顧客登録される顧客台帳も搭載しており、顧客管理もより簡単に行える。
 また、KDDIは、飲食店向けの業務支援による事業拡大を目指しており、飲食店向けにタブレット端末の販売や、au WALLETの利用拡大、決済ソリューションの提供などを検討していた。
 両社は今回の業務提携により、KDDIの営業ネットワークを活用し、飲食店に向けて「食べログ」の集客サービスと「ヨヤクノート」をセットで提供することで、さらなるネット予約の利便性向上とサービス拡充を図っていく。また、auユーザーが飲食店のネット予約をより利用していく取り組みを両社で検討していく。
 さらに、両社で「ヨヤクノート」の予約データを活用した新たな集客サービスを企画・開発し、タブレット端末・au WALLET・決済ソリューションなどのサービスを提供することで、飲食店に向けた業務支援事業を拡大していく。

(外食.Biz)
2017年08月07日更新

外食ドットビズパートナー・サッポロビール株式会社

外食ドットビズパートナー・OFSC研究会

売上,利益アップ,商品開発,米国ポテト協会が提案するメニュー戦略「Plus 1 Fry」

これだけは知っておいてほしいワインの話-小久保尊-リクルート

ストロベリーコーンズ

ドトール

モスバーガー

アメリカンス マートポテト  レシピから販促サポートまで

飲食店向けPOS&オーダリングシステム oishino

繁盛店の扉web お店をどんどん強くする サッポロビール 業務用

北関東・信越地方の四季を感じる食巡り

エプソンのスマートチャージ

ブログバー

外食ドットビズ メールマガジン メルマガ