外食ドットビズ

トピックス

世界最大プレッツェルチェーンが東京・池袋に1号店をオープン

 プレッツェルジャパンとJR東日本リテールネットは、プレッツェルチェーン「Auntie Anne’s(アンティ・アンズ)」の国内第1号店を11月18日、JR池袋駅直結のスペースにオープンする。アンティ・アンズは、1988年創業の世界最大のプレッツェルチェーンで、世界22の国や地域で1000店舗以上を展開している。プレッツェルジャパンは、アンティ・アンズプレッツェルの製造・輸入、販売および店舗経営を目的として今年2月に設立された会社。アンティ・アンズが掲げる「地域に根付き愛されるお店」を目指し、JR東日本リテールネットが保有する駅直結スペースに1店目を出店する。

 アンティ・アンズのプレッツェルは、ドイツの伝統的な固いものとは異なり、サクッとしながらも中は柔らかいという食感が特長。また、店舗で粉からこね上げて焼き上げるプロセスを見せて視覚的演出も実施する。商品メニューは、オリジナルと呼ばれるプレーンなプレッツェルを中心に、シナモン、アーモンド、セサミなどバラエティ豊かなフレーバーを用意、キャラメルやクリームチーズのディップもある。また、スティックタイプのプレッツェルやソーセージが入ったボリューム感のあるプレッツェルなども販売する予定。

【アンティ・アンズ池袋東口店】
住所 : 東京都豊島区南池袋1-28-1
面積:39.8平米(12坪)
席数:10席(予定)
営業時間:10時-21時(予定)
定休日 : 年中無休(予定)

(外食.Biz)
2010年09月30日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る