外食ドットビズ

トピックス

ダイナック、新業態のスパニッシュ居酒屋を大阪に開業

 ダイナックは、285円からというリーズナブルな料理を提供するスパニッシュバルの新業態「TAPAS&BAR マル デ ボッカ」を大阪・梅田に10月1日にオープンする。梅田の中心地にあるランドマークタワー・大阪マルビルへの出店で、若い女性を中心に顧客獲得を目指す。メニューは、小皿料理「タパス」をはじめ、ピッツァやアヒージョなど有名なスペイン料理をそろえるほか、赤ワインで煮込んだという「BOCA玉子」などのオリジナル料理も提供する。また、日替りタパスとメインディッシュが選べるランチメニューもある。タパス各種は285円から、ワインもグラス391円から(フルボトル2191円から)と低めの価格帯。客単価は通常2000円、ランチ800円を想定している。

【TAPAS&BAR マル デ ボッカ 大阪マルビル店】
住所 : 大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビルB2
面積:39.8平米(12坪)
席数:10席(予定)
営業時間:ランチ(平日)11時半-15時、ディナー 17時-23時半、土日祝11時半-23時半

(外食.Biz)
2010年09月30日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る