外食ドットビズ

トピックス

吉野家HD、京樽の和菓子製造子会社を売却、すし事業に特化

 吉野家ホールディングスは27日、傘下企業の京樽の子会社で、和菓子を製造・販売する新杵の株式や不動産すべてをベーカリー及び菓子の製造販売を行うエフ・エフ・エスに売却すると発表した。すし関連事業を中核に、高い相乗効果を発揮するビジネスに経営資源を集中するのがグループとしての狙い。新杵は、直近の3年間で赤字が続いており、エフ・エフ・エスのノウハウによって事業の継続と発展を目指す。

(外食.Biz)
2010年09月28日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る