外食ドットビズ

トピックス

マクドナルド、4バーガー投入でチキン商品の地位強化を目指す

 日本マクドナルドは、チキン商品の新メニューとして、ヨーロッパの食材との融合をテーマに開発したバーガー4商品を10月8日から順次販売する。「アイコンチキン」シリーズと命名された新商品は、「チーズフォンデュ」「ジャーマンソーセージ」「ディアボロ」「カルボナーラ」の4種類(いずれも単品340-360円、バリューセット650-680円)。チキンの味わいと個性のある食材との融合によって新しい味を提供する。テーマ性の強い商品を順次提供することで、利用者にチキンバーガーへの期待感の醸成を図っていく。

(外食.Biz)
2010年09月22日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る