外食ドットビズ

トピックス

大戸屋HD、海外フランチャイズ事業を一層強化 
ベトナム中国・上海それぞれに合弁会社設立

 大戸屋ホールディングスは5日、ベトナム・ホーチミン市と中国・上海市にそれぞれ海外フランチャイズ事業のための合弁会社を設立すると発表した。同社は、台湾やインドネシアなどアジア圏でのチェーン展開を行っており、順調に推移している。アジアにおける一層の事業展開を図り、ホーチミン市と上海市への出店を行っていく。ホーチミンでは、米国ハンバーガーチェーンやタイレストランをFC展開する他、製造販売、メディア、不動産投資開発事業も営むMESA Asia Pacific Trading Services Co., Ltd.と合弁会社を設立。上海では、雑誌出版事業と日本料理店のチェーン展開をするBros社と合弁会社を設立する。ホーチミンにおける第1号店は今年12月中、上海では11月下旬に「大戸屋ごはん処」を出店する計画となっている。

(外食.Biz)
2011年08月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る