外食ドットビズ

トピックス

カフェ・カンパニー、アジアンカフェ新業態を4月出店
食事で心と体のバランスを整える食文化を発信

 「WIRED CAFE」等を運営するカフェ・カンパニーは、4月に開業する渋谷駅直結の高層複合施設「渋谷ヒカリエ」に、アジアンカフェ新業態「FLOWERS Common(フラワーズ コモン)」を出店する。「FLOWERS Common」は、毎日の食事で心と体のバランスを整えるアジア全域の食文化を提供するというコンセプト。薬膳スープで炊いた「海南鶏飯」、産直野菜を使った「ガーデン WOK(チャイニーズ料理)」、各地のスウィーツなどを提供する。店舗規模は135坪・180席で、施設7FのCAFE & DININGフロア「TABLE7(テーブルセブン)」において最大規模となる。店内ではアートも楽しめるようになっており、ランチ、ティータイム、ディナー、さらにはパーティと日常から特別な利用シーンを取り込む構えだ。
 なお、同施設の6F「dining6(ダイニングシックス)」と7F「TABLE7」には、合わせて26の飲食店舗が出店する予定である。

(外食.Biz)
2012年01月19日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る