外食ドットビズ

トピックス

モスフードサービス、第24回グリーン購入大賞で優秀賞を受賞
店舗でのエコマーク認定取得など長年の「環境に配慮した飲食店」実現への挑戦を評価

 モスフードサービスは、第24回グリーン購入大賞において、優秀賞(農林水産特別部門)を受賞したと発表した。なお、表彰式は12月12日に執り行われる予定。
 グリーン購入大賞は、環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度で1998年に開始された。2018年度の第19回以降は、SDGs12の「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」を踏まえて審査領域を広げており、従来のグリーン市場の拡大に貢献した取り組みに加え、持続可能な調達(消費と生産)を通じてSDGsの達成に寄与する取り組みについても募集・審査を行っている。
 同社は、創業当時から経営理念「人間貢献・社会貢献」と、創業の心、基本方針、経営ビジョンの4つの言葉から構成される理念体系『モスの心』を指針として「おいしさへのこだわりと、自然を大切にして環境に配慮する」経営を実践しており、2017年10月に国内の約1,300店のモスバーガーチェーン全店でエコマークの「飲食店」の認定を取得した。また、モスグループ環境方針に基づき、農薬や化学肥料の使用を抑制した野菜の使用、アフターオーダー方式による食品ロスの削減や廃食油のリサイクル、リユース食器の使用、フランチャイズ店を含む教育啓発活動の推進、顧客との環境コミュニケーションなどの取り組みを展開し、「飲食店」のエコマーク認定基準である6つの評価カテゴリーを全て満たした上で、環境に配慮した飲食店の普及を図っている。
 今回の受賞にあたり、本審査委員からは、『国内すべての店舗でエコマークの認証を受けるとともに、長年の「環境に配慮した飲食店」の多様な取り組みは、商品だけでなく経営全般で環境配慮を実践されている証であり、評価できる。従業員の意識啓発も様々な取り組みを展開しており、継続性・発展性の観点より、更なる取り組みの充実化を期待する。』との評価コメントがあった。
 

(外食.Biz)
2023年12月04日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る