外食ドットビズ

トピックス

紅茶フレーバーの業務用スパークリングワインが登場
低アルコールで飲みきりサイズ、料理にもデザートにも合うドリンク

 サッポロビールは、国産ワイン「ティー ブロッサム 紅茶フレーバーのスパークリングワイン」を、3月27日に業務市場で新発売する。
 「ティー ブロッサム 紅茶フレーバーのスパークリングワイン」は、人気の飲料である紅茶とファーストドリンクとして人気の高いスパークリングワインが合わさった新しいフレーバードワイン。紅茶の華やかな香りと優しい微発泡が特長で、料理だけでなくデザートにも合わせやすいため、居酒屋業態だけでなくカフェ業態でも楽しむことができる。また、「3%の低アルコール」で「飲みきりサイズ」という価値も持ち合わせている。
 メインターゲットは20~30代の女性。新しいコンセプトを持つ商品であることから、ラベルと同色の淡い青のストローをボトルに直接差して飲むという新しい飲み方提案を行っていく。

(外食.Biz)
2013年02月22日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る