外食ドットビズ

トピックス

養老乃瀧、“蔵元でしか飲めない生原酒”第4弾
2月18日に搾ったばかりの「しぼりたて生原酒 初花月」

 養老乃瀧は、2月21日より、品質管理の難しさから、通常では蔵元でしか味わえない生原酒「しぼりたて生原酒 初花月」を、グループチェーン「養老乃瀧」、「だんまや水産」、「楽顔亭」、「二の酉」、「魚彦」、「一軒め酒場」の各限定店舗にて販売する。
 「しぼりたて生原酒 初花月」は、しぼりたて生原種特有のフレッシュな味わいが楽しめる酒。香りはやや控えめで、舞ったりとした濃厚な飲み口が特徴なので、旨味のある料理と相性が良い。
 「養老乃瀧」、「だんまや水産」、「楽顔亭」、「二の酉」では、グラス1杯588円、「一の酉」では、グラス1杯580円、、「魚彦」では、グラス1杯580円、「一軒め酒場」ではグラス1杯399円で販売する。

(外食.Biz)
2013年02月22日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る