外食ドットビズ

トピックス

ヴィア・グループ、健康と環境に貢献する取り組みを店舗で実施

ヴィア・ホールディングスは、グループのCSR活動の一環として、新たに健康と地球環境の向上に貢献することを目的とした「ヒューマン・アース・プロジェクト」を策定、店舗での取り組みを開始すると発表した。このプロジェクトは、顧客がヴィア・グループの店舗を利用することをきっかけにして、(1)健康問題、(2)環境問題、(3)食料問題への社会貢献を行うというもの。顧客とともに実践することで、積極的な活動へ展開していく狙いだ。具体的な内容は以下の通り。
●ベジメニューの推進 -週に一度はベジタリアン-
大豆で作った肉など「ベジメニュー」を開発、グループ店舗で提供する。本来は肉を使用するメニューをヘルシーに味わうことができるほか、日頃不足しがちな栄養素や食物繊維の摂取を容易にする。
●「お持ち帰り」のおすすめ -「もったいない」は地球を救う-
食べきれなかった料理を持ち帰ってもらうための紙バッグを1枚50円にて準備。持ち帰ってもらうことで、廃棄に関わるCO2排出やコストを減少させるとともに、「もったいない」活動を推進する。
●食事に恵まれない子どもたちへの寄付 -アフリカの子供たちに100万食の食事を-
年間100万食を届けることを目標にして、ベジメニュー1品の注文、または持ち帰り用バッグ1個の購入につき10円を寄付する。

(外食.Biz)
2010年11月17日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る