外食ドットビズ

トピックス

JF調査、10月売上高は4ヶ月連続で前年を上回る

日本フードサービス協会(JF)は25日、会員企業を対象とした10月度の外食産業動向を発表した。全店ベースの売上高は前年同月比2.7%増となり、4ヶ月連続で前年を上回った。昨年に比べ日祭日が1日多かったことで、客数も前年比104.4%と好調に推移。客単価は前年比98.3%と下回ったが、前月の96.6%からは回復している。

業態別では、FFが客単価こそ前年を下回ったが、売上高102.7%、客数105.4%と増加。洋風FFは、客数100.4、客単価99.5%で、売上は99.9%と前年並であった。洋風以外のFFでは、すべての業種が前年売上をクリア。麺類は110.4%と売上前年比二桁増を回復した。和風は、客単価が89.0%と大幅な前年割れとなったが、低価格帯商品導入や各社の積極的な広告・販促策により、客数が117.6%と前月に続き大幅な伸びを示したため、売上前年比104.7%となった。

FRは、 客数103.5%、客単価100%、売上は103.5%と前年を上回った。業種別でも、焼き肉108.2%、洋風106.4%、和風100.3%と、中華を除きいずれも前年を上回った。パブ・居酒屋は、客数101.4%と前年を上回ったものの、客単価98.5%で、売上高99.9%。居酒屋は、客単価が98.3%となったが、客数が103.0%と前年を上回った。売上前年比は101.2%となり、平成21年1月以来の前年実績達成となった。ディナーレストラン業態は、客数103.1%、客単価101.1%で、売上高104.2%と7月以来前年を上回った。喫茶業態は、客単価100.5%、客数100.7%で、売上高101.2%と前年を上回った。

(外食.Biz)
2010年11月26日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る