外食ドットビズ

トピックス

外食業界はまだまだ「食べるラー油」ブーム
ファーストキッチンのパスタメニューが好評

 ファーストキッチンが7月15日から発売している、オリジナルラー油を使用した「レタスとベーコンの食べるラー油パスタ(税込580円)」が人気となっている。一部店舗では品薄の状態が続いているため、20日から一日の販売数量を制限すると同社が発表した。

 このパスタは、話題の“食べるラー油”をアクセントにした夏の限定メニュー。オリジナルラー油は、辛みの中にフライドガーリックとゴマ油の風味を効かせ、フレッシュなレタスやパプリカなどの彩り野菜と生パスタにトッピングした。同社の予想を大幅に上回る好評を博したため、今回の措置となった。「食べるラー油」は、その話題性に対して商品供給がいまひとつ進んでおらず、消費者の間には飢餓感に近いニーズがまだまだ存在している。この夏は、それをうまく取り込んだ外食店が業績を伸ばしそうだ。

(外食.Biz)
2010年07月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る