外食ドットビズ

トピックス

6月の回転寿しチェーンは各社とも売上低調に

 大手回転寿司チェーン各社が発表した6月の月次報告によると、4社とも既存店ベースの売上が前年同月比を割り込み、苦戦していることがわかった。あきんどスシローが展開するスシローの既存店売上は昨年同月比98.3%で、4ヶ月連続の前年比マイナスとなった。客数は93.5%。くらコーポレーションのくら寿司は、売上93.6%・客数96.9%で、いずれも3ヶ月連続の前年マイナス。カッパ・クリエイトのかっぱ寿司は売上96.7%、客数は98.8%。売上は4ヶ月連続、客数は3ヶ月連続でマイナスとなった。元気寿司は客数こそ102.8%と増加したが、売上は98.1%であった。同社の23年度3月期に入ってからの3ヶ月間(2010年4月-6月)の売上累計は対前年同期比で84.5%と低迷している。

(外食.Biz)
2010年07月16日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る