外食ドットビズ

トピックス

サッポロライオン、東京駅に直結する八重洲地下街にブラッスリーを出店

 サッポロライオンは、全国に20店舗以上を展開しているフランス風ビヤホール「ブラッスリー 銀座ライオン」を東京駅地下から広がる八重洲地下街(東京都中央区八重洲2-1)に出店する。「ブラッスリー銀座ライオン」は、ドイツ生まれの男性的なイメージのあるビヤホールとは異なり、落ち着いた雰囲気の中で生ビールと料理を楽しめるという業態。八重洲地下街店は、その雰囲気を踏襲しつつ、コンパクトでカジュアルな空間を提供する。近隣オフィスに勤めるサラリーマンやOL、東京駅利用者など幅広い客層をターゲットに、ランチタイムや喫茶などの需要も含めた、さまざまなシチュエーションで気軽に立ち寄れる空間を目指す。オープンは7月14日(水)。平均客単価は昼800円、夜2500円。

(外食.Biz)
2010年07月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る