外食ドットビズ

トピックス

スターバックス、CSRに対する取り組みを12月に実施

スターバックスコーヒージャパンは、CSR(企業の社会的責任)に対する取り組みとして、全国の顧客とともに作り上げる2つのプログラムを12月に実施する。 まず、「ブック フォー トゥー (Book for Two)」は、1冊の本を通じて、次の誰かにつながっていくという願いを込めたプログラム。店舗利用者から提供された古本を専門家に査定・買取を依頼し、その買取金全額を社会福祉法人・日本点字図書館に寄附。目の不自由な方々のための音声図書や点字図書の製作に役立てる。昨年実施した際は、全国で25000冊を超える本が集まり、約115万円を寄附している。今年の実施期間は12月1日から25日まで、スターバックス コーヒー 447店舗で行われる。2つ目の「デライト イン ザ ナイト(Delight in the Night)」は、は営業時間内に店内の一部の照明を消灯し、非日常的でデライト〔楽しい〕な空間を体験してもらうというもの。いつもと違う雰囲気を楽しみながら、環境について利用者とスターバックスがともに考えるというプログラムである。実施日時は12月23日から25日の20時~22時。

(外食.Biz)
2010年11月09日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る