外食ドットビズ

トピックス

UCC、新たな飲料カテゴリー“スパークリングカフェイン”を提案
“アタマ、醒める”をコンセプトにした「UCC FULL THROTTLE」を発売

 UCC上島珈琲は、“アタマ、醒める”をコンセプトにした新たな飲料カテゴリー“スパークリングカフェイン”を創造し、新製品「UCC FULL THROTTLE 缶190ml」を5月19日から発売する。
 「UCC FULL THROTTLE」は、コーヒーと炭酸の刺激感のある絶妙な味わいと喉ごしに、レモンとライムの爽やかな後味が特長のドリンク。コーヒー豆由来のカフェインを既存缶コーヒー比の2倍を配合しており、一口飲んで“アタマ、醒める”味覚・製品設計を追求した。製品名の「FULL THROTTLE」は、アクセル全開で全力疾走することを意味し、製品特性をストレートに表現した。また、パッケージには、分かりやすく中身を訴求するために、爽やかな炭酸のシズルにコーヒー豆をアクセントとしてレイアウトし、製品名を大きく表記することでターゲット層である20~30代男性の感性を刺激するデザインに仕上げた。
 同社は、スパークリングカフェイン「UCC FULL THROTTLE」の展開を通じて、仕事中や勉強中など「アタマを醒ましたい」時のコーヒーの新たな飲用シーンを提案し、新規需要の開拓を図っていく。また、媒体告知やサンプリング等のプロモーションを展開し、拡販をサポートする。

(外食.Biz)
2014年05月17日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る