外食ドットビズ

トピックス

トリドール、日系外食チェーン初のアフリカ大陸進出
ケニアに現地法人を設立し日本食のFF業態をオープンへ

 トリドールは、ケニア共和国ナイロビにTORIDOLL KENIYA LTD(トリドール ケニア)を設立、日系外食チェーンとして初めてアフリカ大陸に進出し、日本食のファストフード業態「teriyaki JAPAN(テリヤキ・ジャパン)」の第1号店を、今年中を目途にケニア・ナイロビにてオープンする。
 今後経済成長が期待されるアフリカ諸国の中でも、東アフリカに位置するケニア共和国は、首都ナイロビを中心に高い経済成長や人口増加が見込まれる注目市場であり、外食産業の発展が期待されているという。
 同社は、4月に現地法人のトリドール・ケニアを設立。アフリカ諸国でも貴重なタンパク源であり、ご馳走感がある人気の高いチキンに着目し、日本食にルーツを持ちながら海外でも広く親しまれているテリヤキチキンをメインとした「テリヤキ・ジャパン」1号店を今年中を目途にオープンし、テリヤキチキンを中心にご飯や麺、サラダをワンプレートで提供することにより、これまでにないテリヤキチキンの食べ方を提案する。
 同社では、2017年度中に「テリヤキ・チキン」をケニア国内で20店舗まで拡大することを目指し、東アフリカを中心に積極的に事業展開を進めていくとしている。

(外食.Biz)
2014年05月13日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る