外食ドットビズ

トピックス

タニタ、日本コカ・コーラとコラボレーション
摂取・消費のカロリーコントロールを訴求

 タニタと日本コカ・コーラは共同で、「アクエリアス ゼロ x タニタ 30日間 健康チャレンジ」を10月14日から開始する。日本コカ・コーラの「アクエリアス ゼロ」とタニタの活動量計「カロリズム」を連携させ、健康のためのちょっとした運動の促進・習慣化やカロリーコントロールの理解促進を図るのが狙い。
 健康チャレンジに参加するのは約80人。同社が蓄積してきた健康管理にかかわるメソッドから、一人ひとりのライフスタイルを分析し、14日に「丸の内タニタ食堂」で開催されるキックオフイベントでそれぞれに合った30日間のチャレンジ目標(消費カロリーと摂取カロリーの目標)が示されスタート。チャレンジの様子は、「アクエリアス ゼロ」のブランドサイトでも公開。また、未参加者もこのサイトのWEB診断コンテンツでオリジナルの健康チャレンジを作成できるサービスも展開する。また、WEB診断コンテンツでの健康チャレンジを作成者には、毎月抽選で10名に、「アクエリアス ゼロ」と「カロリズム エキスパート」をセットでプレゼントするキャンペーンも実施する。
 今回のコラボレーションは、スポーツのときだけでなく日常生活からも、「アクエリアス ゼロ」を通じて、活動的で健康的なライフスタイルを応援したいという日本コカ・コーラ社の考え方に対して、活動量計「カロリズム」を活用して摂取と消費カロリーのバランスによる健康管理を訴求しているタニタ社の目的が一致して実現。今後、両社ではそれぞれが持つリソースを最大限に活用して、今回の取り組みを広く告知していくとともに、次のステップに向けた検討を進めていく考えという。

(外食.Biz)
2013年10月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る