外食ドットビズ

トピックス

キッコーマン、トクホ醤油を新発売
特定保健用食品「まめちから 大豆ペプチドしょうゆ」新発売!

 キッコーマン食品は、9月25日より、血圧が気になる人に適した特定保健用食品「キッコーマン まめちから 大豆ペプチドしょうゆ」を「キッコーマン通信販売 こだわり便」にて新発売する。
 「まめちから 大豆ペプチドしょうゆ」は、しょうゆを醸造する過程で生まれた大豆ペプチドを豊富に含んでおり、血圧が気になる人に適した食品。食事の際に、1日8ml(4ml×2袋)をいつものしょうゆと置き換えて使用することで、血圧が高めの人の血圧にはたらきかける作用があることを確認し、今年の6月に消費者庁より特定保健用食品としての表示許可を取得した。コクと甘みのある丸大豆しょうゆに真昆布だしを合わせた、上品な旨みでまろやかな味わいで、つけ・かけはもちろん、煮物などの調理にも、いつものしょうゆと同様に使えるという。
 高血圧を放置すると動脈硬化、心疾患や脳卒中を引き起こすリスクが高まり、その予防や改善には高い関心が集まっている。「平成23年国民栄養・健康調査」によると15歳以上の約45%が血圧が高めとされており、高齢者比率が高まる中、血圧を気にする人がさらに増えることが想定される。
 同社は、これからも「食と健康」の分野で「お客様の生活を豊かにする」ためのサポートをしていくとしている。

(外食.Biz)
2013年09月23日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る