外食ドットビズ

トピックス

スターバックス、新焙煎「ブロンド ロースト」を導入
浅めの焙煎で高品質な味わいを3月15日から提供

 スターバックス コーヒー ジャパンは、新しい焙煎カテゴリーとして「スターバックス ブロンド ロースト」を導入する。これまで親しまれてきた深煎りコーヒーよりも浅めの焙煎で、高品質なアラビカ種コーヒー豆を用いた約80通りの組み合わせの中からブレンドを考案した。
 「ブロンド ロースト」として3月15日に発売する商品は、「スターバックス ライトノート ブレンド」と「スターバックス ウィロー ブレンド」の2種類。ホールビーン(コーヒー豆)、スターバックス ヴィア コーヒーエッセンス、ドリップコーヒーなどの商品形態で全国のスターバックス店舗などで販売する。なお、新カテゴリーの導入に伴い、焙煎度合いが分かりやすい商品パッケージデザインに全面リニューアルする。

(外食.Biz)
2012年02月29日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る