外食ドットビズ

トピックス

はなまる、うどん+しゃぶしゃぶの新業態を埼玉に出店
昼は讃岐うどん、夜はしゃぶしゃぶを提供

 讃岐うどんチェーンを展開するはなまるは、さいたま東大宮店をリニューアルして、しゃぶしゃぶも提供する新業態店舗を29日にオープンする。10時から17時までは通常の「はなまるうどん」店舗として営業、17時以降は「しゃぶしゃぶセット」のみの販売となる。
 「しゃぶしゃぶセット」は、ハーブ豚と黒毛牛の2種類が選べ、野菜バー、カレー、ライスとセットで提供する。野菜バー、カレー、ライスはいずれも食べ放題。しゃぶしゃぶのだしには、うどんで使用している「かけだし」または他の4種類(トマト・キムチ・白湯・すき焼風)から1種類を選択する。なお、「かけだし」は、肉をくぐらせた後、何もつけずにそのまま食べることで存分にその風味を味わうことができるという。セットの価格は、大人(小学生以上)990円、子供(未就学児)380円、幼児(3歳以下)は無料。
 はなまるは、昨年12月にもカレーを提供する店舗を都内にオープンするなど、他業態を組み合わせた新店を開発、新たな付加価値の提供に取り組んでいる。

【はなまる さいたま東大宮店】
開店日:2月29日
所在地:さいたま市見沼区東大宮2-25-1
営業時間:10時~23時(17時まではセルフうどんのみ、17時以降はしゃぶしゃぶセットのみ販売)
面積:45坪
席数:60席

(外食.Biz)
2012年02月24日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る