トピックス

やよい軒、宮崎の郷土料理を組み合わせた「冷汁ととり南蛮の定食」発売
夏の風物詩“うなぎ”が今年も登場!無料のだしをかけてひつまぶし風に贅沢アレンジも

 プレナスは、全国の定食レストラン「やよい軒」店舗にて、梅雨の蒸し暑い時期にぴったりな“冷汁(ひやじる)”と“とり南蛮”を組み合わせた宮崎県の郷土料理を堪能できる「冷汁ととり南蛮の定食」(990円)を6月25日に発売する。同時に、「うなぎまぶし定食」(1,190円)、「特うなぎまぶし定食」(1,690円)、「うなぎ御膳」(1,630円)も販売する。
 南国宮崎の知恵がつまった郷土料理“冷汁”は、豆腐ときゅうり、氷の入った冷たい味噌仕立ての汁もの。熟成期間の異なる2種の味噌をブレンドし、風味豊かで旨味の強い味わいに仕立てた。小鉢のサバの塩焼をほぐし、ごはんとともに冷汁の中に入れて食べるのも宮崎流の美味しい食べ方。冷たくさっぱりとした冷汁に、ごはんと脂がのった香ばしい焼きサバをほぐして入れることで、蒸し暑い日もあっさりと食べやすく、しっかり食事を摂ることができる。さらに、より宮崎気分を感じることができる“とり南蛮”も用意。ジューシーな鶏もも肉をサクッと揚げ、甘酢とタルタルソースをかけた一品は食欲がそそられる。
 特別感のあるお重に乗せたうなぎの蒲焼は、一度皮目から白焼きして蒸した後に特製のたれをつけて何度も焼くことで、ふっくらと仕上げた。甘辛のタレは、うなぎともごはんとも相性抜群で、香ばしい風味が食欲をそそる。わさびや山椒で香りたかく味わうのもおすすめ。また、無料だしサービスで、熱々のだしをかけてひつまぶし風お茶漬けも楽しめる。よりお腹いっぱい味わいたい人に、うなぎが1.5倍の「特うなぎまぶし定食」も用意。また、うなぎの蒲焼をはじめ4種の和惣菜の小鉢を合わせた「うなぎ御膳」は、いろいろな物を少しずつ楽しみたい人におすすめ。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2024年06月25日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る