トピックス

循環型社会の実現へ!「サッポロ生ビール黒ラベル エコパック」のテスト販売開始
「ecoフレンドリー」プロジェクト第5弾!年間の紙使用量約650tの削減を目指す

 サッポロビールは、紙使用量を従来品よりも約13%削減した6缶パック資材を使用した「サッポロ生ビール黒ラベル エコパック」(350ml缶×6缶パック)のテスト販売を、スーパーマーケット「ライフ」の首都圏店舗(一部店舗を除く)とドラッグストア「ウエルシア薬局」の首都圏の一部店舗にて5月28日より順次開始する。
 サッポログループは、サステナビリティ重点課題のひとつに「循環型社会の実現」を掲げて取り組んでいる。サッポログループ容器包装ビジョンにおいては、2050年までに循環型社会に対応した容器包装へ100%変更していくことを目指しており、2023年1月からグループ傘下の同社でも次世代容器包装開発の「ecoフレンドリー」プロジェクトを始動した。
 「ecoフレンドリー」シリーズ第1弾でテスト販売した「改良型6缶パック」では、缶の保持性に課題が残る結果となった。本商品は、従来品の6缶パック資材をベースに、缶の保持性や安全性を維持しながら天面および側面の一部の幅を短縮し、紙使用量を従来品よりも約13%削減している。ビール類の350ml、500ml用の6缶パック資材全量に採用すると想定した場合には、年間で約650tの紙の使用量を削減、資材製造に伴うCO2排出量は約400tの削減につながることが見込まれる。
 同社は、今後もスピード感をもって環境配慮型の容器包装開発を推進し、積極的に実証実験をしていく「スモールトライ」を通じた顧客とのコミュニケーションにより、次世代の容器包装を次々と創造して実用化を目指すとしている。
 

(外食.Biz)
2024年05月27日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る