トピックス

日本チェーンストア協会、4月のスーパー売上高は14ヶ月連続で前年を上回る
食料品は節約志向からの買上点数減が続くも、農産品の相場高や店頭価格上昇もありまずまずの動き

 日本チェーンストア協会は、会員企業47社・9,155店を対象にした2024(令和6)年4月度チェーンストア販売統計を発表。4月は、食料品は節約志向からの買上点数減少が見られたが、農産品の相場高や店頭価格上昇もありまずまずの動きだった。衣料品は天候不順の影響もあり動きが鈍かったが、住関品はまずまずの動きだったことから、総販売額は1兆146億3207万円(店舗調整後前年同月比100.4%)と14ヶ月連続で前年を上回った。
 部門別では、食料品が6969億5948万円(同101.4%)、衣料品が515億9624万円(同81.0%)、日用雑貨品などの住関品が2095億1414万円(同107.1%)、サービスが23億2939万円(同104.0%)、その他が542億3282万円(同89.2%)であった。
 なお、商品別の食料品関連の動きは以下の通り。
 農産品は、キャベツ、大根、玉ねぎ、長ねぎ、トマト、レタス、なす、人参、アスパラガス、たけのこ、みょうが、カット野菜などは好調だったが、豆類、ミニトマト、さつまいも、きのこ類などの動きは鈍かった。果物では、いちご、柑橘類、バナナ、シトラスなどの動きは良かったが、りんご、輸入ぶどう、メロン、アボカドなどは動きが鈍かった。
 畜産品は、鶏肉はまずまずの動きだったが、牛肉、豚肉の動きは鈍かった。鶏卵、ハム・ソーセージの動きは鈍かった。
 水産品は、まぐろ、ぶり、鯛、サーモン、あじ、ほたて、ほたるいか、牡蠣、塩さば、冷凍魚、漬け魚、海藻類などはまずまずの動きだったが、刺身盛合わせ、かつお、まいわし、うなぎ、あさり、干物、ちりめんなどの動きは鈍かった。
 惣菜は、温惣菜はフライ、天ぷら、唐揚げ、焼き鳥、焼き魚などはまずまずの動きだったが、中華などの動きは鈍かった。要冷惣菜は、和・洋惣菜ともにまずまずの動き、弁当、寿司もまずまずの動きだった。
 その他食品は、米、牛乳、乳酸菌飲料、飲料、乳製品、冷凍食品、アイスクリーム、パン類、麺類、袋・カップ麺、レトルト、オリーブオイル、和・洋調味料、デザート、スナック、珍味、豆菓子、グミ、キャンディー、ビール、ノンアルコール飲料などは好調だったが、乳飲料、練製品、漬物、納豆、豆腐、インスタントコーヒー、米菓、ビスケット、スープ、焼酎、新ジャンルビールなどの動きは鈍かった。
 

(外食.Biz)
2024年05月24日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る