外食ドットビズ

トピックス

手間暇かけたダブルエイジ製法を採用!「デュワーズ フレンチスムース 8年」登場
リンゴを原料としたカルバドスの熟成に使用した樽で仕上げた8年熟成したスコッチウイスキー

 サッポロビールは、スコッチウイスキー「デュワーズ」ブランドより、手間暇かけたダブルエイジ製法によるなめらかな味わいを楽しめる「デュワーズ フレンチスムース 8年」(700mlびん)の全国販売を5月14日より数量限定で開始した。
 「デュワーズ フレンチスムース 8年」は、8年以上熟成させたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンド後、再度熟成するダブルエイジ製法を採用し、さらにリンゴを原料としたカルバドスの熟成に使用した樽で仕上げた。手間暇かけたダブルエイジ製法によるなめらかな味わいに加え、アップルとシナモンのような甘い香りが特長のスコッチウイスキー。
 同社は、「デュワーズ フレンチスムース 8年」を通じてスコッチウイスキーの新たな楽しさを届けたいとしている。
デュワーズブランド:https://dewars-jp.com/lineup.html
 

(外食.Biz)
2024年05月16日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る