外食ドットビズ

トピックス

ロイヤルホスト、時代に適合した食の豊かさの提供!グランドメニューリニューアル
召し上がれ 日本の恵み国産素材!国産食材を応援する「Good JAPAN」企画商品も同日に発売

 ロイヤルフードサービスは、全国の「ロイヤルホスト」店舗(一部店舗を除く)にて、5月15日にグランドメニューの改訂を行う。また、同日より国産食材を応援する「Good JAPAN」企画商品の販売を期間限定で開始する。
 今回のグランドメニュー改訂では、主力商品であるステーキ商品のグラム違いや盛り合わせ商品を追加投入、ドリンクバーの茶葉を数種類増やすなど、コロナ禍以降、大きく変わりゆく環境の中で、時代に適合した“食の豊かさ”の提供を目的としている。さらに、「Good JAPAN」企画や、循環型農業に取り組むコーンベルト地帯の農家が生産するアメリカ産ブラックアンガスビーフなど、価値ある食材による商品力向上とバリエーションを拡大させることで、幅広い客層のライフスタイルに合わせた食事時間を提供する。
 グランドメニューには、「鶏もも肉の大判焼き」などが新登場。さらに、過去のフェアメニューとして好評を博した商品がグランドメニューに仲間入り。厚切りアンガスサーロインステーキは150g、300gへ増量、ステーキサラダ、ステーキピラフは75g、150gの2種とし、食べたい量に合わせた選択肢を広げていく。コーンベルト地帯で育ったアンガス牛ならではの赤身と甘みのある脂身のバランスが良くコクのある豊かな味わいを楽しめる。また、人気商品「ハムとチキンのクラブハウスサンド」は、フィリング(具材)を増量することでトーストとのバランスの良い食べ応えのある一品に仕上げた。価格改定を行うドリンクバーは、ティーブランド「TEARTH(ティーアース)」のラインアップを拡充(一部店舗では新規導入)し、既存のコーヒーマシンやソフトドリンクに加え、幅広いお茶の種類を楽しめる。
 その他にも、食品ロスやサステナブルを意識した多様なメニュー展開を行い、ホスピタリティレストランとして更なる価値の向上と、顧客に満足してもらえる食事体験を提供する。
 さらに、「召し上がれ 日本の恵み国産素材」をテーマに、国産食材の消費を応援する「Good JAPAN」を同日スタート。国産の海産物使用の「真鯛・蟹・いくらご飯&海老と帆立のあつあつグリル」や、過去好評を集めた「黒毛和牛ご飯」を組み合わせた御膳など、日本の食材の旨みを活かしたロイヤルホストならではのメニューを展開する。
 

(外食.Biz)
2024年05月15日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る