外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、焼酎取っ手付き4Lペットボトルに一部軽量容器を導入
容器包装の軽量化促進!年間のプラスチック使用量約10tの削減を見込む!

 サッポロビールは、「甲乙混和麦焼酎こいむぎやわらか」や「サッポロ焼酎北極星」などに使用している取っ手付き4Lペットボトルについて、6月以降の製造分から1本あたりの容器重量が従来の134gから116gに軽量化した容器に順次変更すると発表した。
 今回の取り組みの主な対象商品は、「サッポロ焼酎北極星20度」「サッポロ焼酎北極星25度」「サッポロ業務用焼酎20度」「サッポロ業務用焼酎25度」「甲乙混和麦焼酎こいむぎやわらか25度」で、これにより、従来の4Lペットボトルと比較し、年間のプラスチック使用量約10t(軽量化対象製品の2023年販売実績数に基づくプラスチック使用量を従来基準として算出)の削減が見込まれるという。
 同社は、循環型社会に対応した容器包装の実現に向けたサッポログループ容器包装ビジョンのもと、さらなる環境負荷低減と循環型社会の構築に貢献していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2024年05月10日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る