外食ドットビズ

トピックス

日本冷凍食品協会、令和5年(1~12月)冷凍食品の生産・消費について速報値を公表
冷凍食品国内生産、数量は96.7%と前年を下回るも、金額(工場出荷額)は102.1%と前年を上回る

 一般社団法人 日本冷凍食品協会は、令和5年(1月~12月)の冷凍食品の生産・消費調査結果(速報)を公表した。なお、令和4年(1月~12月)の数値については、速報値を一部修正し、確定値にしている。
 令和5年の冷凍食品国内生産は、数量が1,545,568トン(対前年比96.7%)と前年を下回った。また、金額(工場出荷額)は7,799億円(102.1%)と前年を上回り、調査開始以来最高となった。
 業務用は、数量が788,455トン(99.3%)、金額が3,804億円(106.3%)と、数量は僅かに減少し、金額は増加した。一方、家庭用は、数量が757,113トン(94.1%)、金額が3,996億円(98.4%)と、数量、金額ともに減少した。
 業務用と家庭用の比率は、数量ベースではそれぞれ51.0%、49.0%(前年49.7%、50.3%)と業務用が家庭用を3年ぶりに上回った。金額ベースでは48.8%、51.2%(同46.8%、53.2%)の割合で、引き続き家庭用が業務用を上回っている。
 大分類の品目別生産量では、農産物(101.3%)、畜産物(111.8%)が増加したものの、国内生産の大半を占める調理食品(96.7%)は減少し、水産物(90.9%)、菓子類(94.5%)も減少した。小分類の品目で前年に対して量的に大きく増加したのは、卵製品(4,385トン増、113.9%)、春巻(1,104トン増、104.4%)、うどん(1,081トン増、100.5%)などであった。減少したのは、炒飯(10,520トン減、89.3%)、シュウマイ(6,632トン減、84.3%)、ギョウザ(5,699トン減、94.4%)などであった。小分類の品目別生産量における上位20品目を見ると、引き続き、1位うどん、2位コロッケ、3位ギョウザ、4位炒飯で、上位4品は前年と同様の順位であった。その他、ラーメン類(6位から5位)、ハンバーグ(7位から6位)、たこ焼・お好み焼(10位から9位)、卵製品(14位から11位)、ミートボール(16位から15位)などが順位を上げた。
 同協会では、「冷凍食品国内生産量」「冷凍野菜輸入量」及び「調理冷凍食品輸入量」の合計を冷凍食品の「消費量」としている。令和5年のわが国の冷凍食品消費量は、国内生産量1,545,568トンに、冷凍野菜輸入量1,119,589トンと、調理冷凍食品輸入量215,230トンを加えた2,880,387トン(同96.6%)と減少した。これを総人口(124,352千人)で割った国民1人当たりの年間消費量は、23.2キログラム(0.7キログラム減、96.9%)と減少した。一方、金額ベースは1兆2,472億円(同103.4%)と増加した。
 なお、調理冷凍食品の輸入については、同協会会員だけを対象にした調査であり、会員以外の商社、流通業者等が輸入しているものを考慮すると、実際の「消費量」はこの290万トンを上回るものと考えられるとしている。
 

(外食.Biz)
2024年04月23日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る