外食ドットビズ

トピックス

日本ビール文化研究会、第14回「ビア検(日本ビール検定)」の実施概要決定
歴史・種類などビールの基礎やおいしく飲む方法・うんちくなど幅広い知識を身につけよう!

 一般社団法人 日本ビール文化研究会は、今年9月から2ヶ月間に渡り、コンピュータ試験(CBT=Computer Based Testing)方式で開催する第14回「ビア検(日本ビール検定)」の実施概要を決定した。なお、受検の申し込みは7月1日から公式サイトで開始する。
 2012年から始まった「ビア検(日本ビール検定)」の累計受検申込者数は、前回で約3万7千人となり、合格者数は2万人を超えた。今年も3級と2級は9月1日~10月31日、1級は10月20日に、全国47都道府県の約360会場にてCBT方式にて検定が実施される。受験資格は、今年8月31日時点で満20歳以上の人、合格者にはカード型の合格認定証が授与される。
 同研究会では、「ビア検(日本ビール検定)」の開催を通じて、より多くの人にビールを学ぶ機会を提供し、日本のビール文化の発展に貢献していきたいとしている。
ビア検(日本ビール検定):https://beerken.jp/
 

(外食.Biz)
2024年04月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る