外食ドットビズ

トピックス

大手製粉3社、業務用小麦粉価格を7月1日納品分より改定
25kgあたり、強力系は30円の値下げ、中力・薄力系は110円~115円の値上げなどに

 日清製粉、ニップン、昭和産業の製粉大手3社は、輸入小麦の政府売渡価格が4月1日より5銘柄平均で0.6%引下げられたこと及び輸送費が上昇していることを踏まえ、業務用小麦粉の特約店向け仕切り価格の改定を7月1日納品分(一部取引を除く)より実施すると発表した。
 日清製粉は、「強力系小麦粉」が▲30円の値下げ、「中力系・薄力系小麦粉」が+110円の値上げ、「国内産小麦100%小麦粉」は据え置きとした。
 ニップンは、「強力系小麦粉」が▲30円の値下げ、「中力系・薄力系小麦粉」が+115円の値上げ、「国内産小麦100%小麦粉」は改定なしとした。
 昭和産業は、「強力粉・準強力粉」が▲30円の値下げ、「中力粉・薄力粉」が+110円の値上げ、「内麦100%粉」(一部銘柄を除く)は据え置きとした。
※金額は、25kg当たりの「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2024年04月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る