外食ドットビズ

トピックス

しゃぶ禅、40周年記念!「とくしま三ツ星ビーフ・阿波牛食べ放題」を提供
とくしま三ツ星ビーフの認定基準を通過した、A5ランクの「阿波牛」を堪能!

 しゃぶ禅は、しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「しゃぶ禅」の7店舗(六本木店・渋谷店・銀座クレストン店・四谷店・神楽坂店・川崎店・梅田店)にて、創業40周年を記念した特別メニュー「とくしま三ツ星ビーフ・阿波牛食べ放題」(1人前11,000円)を4月1日~6月30日の期間・数量限定で販売する。
 1980年代初め、当時レストランやバー、ディスコ「マハラジャ」等の飲食店を運営していた創業者が、事業の一環として六本木に開業したのが、しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「しゃぶ禅」。当時はまだメジャーではなかった、しゃぶしゃぶの食べ放題を導入し、高級和牛をリーズナブルな価格で店の看板メニューとして打ち出したところ、好評を博し、現在では、国内のみならず外国からの来店客も多く迎えるようになった。
 そんな「しゃぶ禅」も昨年12月には創業40周年を迎えた。これを記念して、「とくしま三ツ星ビーフ・阿波牛食べ放題」を通常価格16,500円のところ、特別価格11,000円で提供する。「とくしま三ツ星ビーフ」とは、令和元年から始まった徳島県の新しい牛肉認定制度。「安全・安心」な徳島県の牧場で育った、A4またはb4等級・BMS5以上で、28ヶ月齢以上の黒毛和牛、というのがとくしま三ツ星ビーフ黒毛和牛部門の厳しい認定基準。
 今回、とくしま三ツ星ビーフの認定基準を通過した、A5ランクの徳島県産銘柄牛「阿波牛」を用意する。「阿波牛」は、柔らかく、しっとりとしたきめの細かい肉質と、適度な弾力があるのが特長。赤身と脂が霜降り状に入るため、口に入れると肉のまろやかな甘みを感じ、とろけるような食感を楽しめる。なお、「阿波牛」の他、柔らかく旨味があり舌触りがなめらかな黒毛和牛赤身肉、脂肪質・肉質に優れ淡泊ながら脂身の甘みを感じるトップブランドの国産豚も楽しめる。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2024年04月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る